イタリア万華鏡

イタリア好きのFrancescoが いろいろな面からイタリアという世界を展望します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

久しぶりにイタリアもののエッセーを、

読みました。

これがなかなか素晴らしいものでした。

宮本映子さんの『ミラノ 朝のバールで』という作品。

須賀敦子さんの作品を読むときにも感じられるイタリア人の姿、何と言ったらいいのでしょう<その姿を知ることで、こちらが背筋を伸ばしたくなるような>姿を、見事に描いています。

こういう描き方ができるということは、著者自身が次の引用にあるようなことを十分に知っているからでしょう。

「しかし、世界中の人々を感動させ続けてきた数々の作品、オペラ作品、また古いイタリア映画などにも注目してもらいたい。果たして、単なる楽天家というだけで、あんなに人の心理を深いところまで突きつめた作品をつくれるものだろうか。人間という動物が生まれた瞬間から背負う、ある種の悲しみみたいなものを知り尽くした人たちがつくり出した作品としか、私には思えないのだ。」(pp.249-250)


ミラノ朝のバールで
ミラノ朝のバールで
posted with amazlet at 08.08.12
宮本 映子
文藝春秋
売り上げランキング: 90525

スポンサーサイト
  • [No Tag]

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://assisi.blog84.fc2.com/tb.php/82-e3695c38

左サイドメニュー

プロフィール

Francesco

Author:Francesco
ふとしたことからNHKTVイタリア語を学び始め、一年後にイタリアに二週間個人旅行をして、イタリアが好きになりました。さらに語学学校でイタリア語を習ったあと、一年間フィレンツェに住んだことがあります。その後も、仕事関係でたまにイタリアにいくようになりました。向こうで経験したこと、日本で本を読んだりして考えたことなどを綴っていこうと思います。

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

フリーエリア

Amazonco.jpへのリンク

FC2チャット

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。