イタリア万華鏡

イタリア好きのFrancescoが いろいろな面からイタリアという世界を展望します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

コルトーナという町

ローマからフィレンツェへ向かう電車でいうと、インターシティ特急で1時間半ぐらいのところの、右(つまり東側)の丘の上の方にコルトーナという町があります。駅でいうと「カムーチャ」からバスでしょう。あるいは「テロントラ・コルトーナ」から行くことになりますが、バスも少ないし、さほど便利ではありません。

それでも何回か行ったことがあるのは、やはり、美術館に所蔵されているフラ・アンジェリコ受胎告知が美しいからかもしれない。フィレンツェのサン・マルコ美術館にある受胎告知が私は一番好きではあるのですが、コルトーナのものもなかなかいいのですよ。

コルトーナを題材にした英語のベストセラーがあるお陰で、旅行客には英語圏が多く、レストランに入っても、この前なんか、周りからは英語ばかり聞こえてきました。

ちょっと面白い体験をしたのは、ホテルの部屋です。
昔の鐘楼を改造した部屋で、長い階段を上って入るとリビングがあり、さらに危なっかしい木の階段を昇るとダブルベッドがやっと入る寝室につくという感じ。木の階段の横が狭いトイレでした。
高齢者には向かない部屋でしょうが、とにかく眺めは最高で、快適でした。
こんな部屋もあるんだなあ。

コルトーナにあるフラ・アンジェリコの受胎告知



空からのコルトーナ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://assisi.blog84.fc2.com/tb.php/21-63c2fefc

左サイドメニュー

プロフィール

Francesco

Author:Francesco
ふとしたことからNHKTVイタリア語を学び始め、一年後にイタリアに二週間個人旅行をして、イタリアが好きになりました。さらに語学学校でイタリア語を習ったあと、一年間フィレンツェに住んだことがあります。その後も、仕事関係でたまにイタリアにいくようになりました。向こうで経験したこと、日本で本を読んだりして考えたことなどを綴っていこうと思います。

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

フリーエリア

Amazonco.jpへのリンク

FC2チャット

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。